サウナ

サウナレポ!リニューアルされた「森のスパリゾート 北海道ホテル」のサウナが最高だった件【十勝・帯広】

更新日:

北海道ホテルのサウナ漫画

北海道は帯広市、「森のスパリゾート 北海道ホテル」にお邪魔し、日帰り入浴をしてきた。

ネット記事で
・リニューアルされていること、
・サウナに力を入れている施設であること【←これ重要!!】
を知り、いても立ってもいられなくなったわけだ。

施設について

受付

しっかりしたホテルだった。
普通の温泉施設行く感覚で、Tシャツ、短パンでいったのだが、ちょいとした恥ずかしさがあった。
そこまで気張る必要もないと思うが、あまりにラフすぎるとホテルの雰囲気を壊してしまう。

サウナーたるもの、いいサウナはお店と一緒に作り上げていきたいものだ。

ロッカールーム

小さめのきれいなロッカールームで、
ロッカー上部にサウナの使い方のパネルもあった。(※内容は公式サイトにも記載があり) 

サウナへの思いがビンビン伝わってくる

引用北海道ホテルサウナの入り方

「森のスパリゾート 北海道ホテル」公式サイトより引用

サウナレビュー

良かった点

ロウリュ(モーリュ)が最高

この北海道ホテルのサウナは、全国でも数少ないセルフロウリュができる施設なのだ
湿度と体感温度が上がって、気持ちよく汗をかくことができる

本当に気持ちいい。

(モーリュ)ってなんやねん!と読者諸兄は思ったことだろう
なんとここでは、ロウリュ用の水にモール温泉を使うのだ。
とっても贅沢である。

他のセルフロウリュ店舗では
汗はすごくでてて、もう限界なんだけど
体はそこまで温まってなくて、水風呂いくにはちょい寒い

ってことがあるのだが

ここではしっかりあたたまることができた。
これはモール温泉による効果なのだと私は思っている

意図して時計を設置していないこと

サウナ室内に時計(12分計)がなかった。※砂時計はあり
普段必ず時計はみるので、若干物足りなさを感じていたのだが

ふと、サウナ室のドアの案内を見てみると
時間を忘れてサウナを楽しんでもらうためにあえて設置していない旨の文があった。

これを見て私は
サウナの楽しみ方までしっかりデザインしているのだなあ
と逆に好印象になった。

吹き出す汗の量や体の感覚で滞在時間を決めるのも楽しいものだ。

ちょうどよく薄暗い照明

薄暗いくらいの間接照明で、自分の世界にしっかり入ることができた。

明るすぎるところが多いので私はすき。

サウナマットがこげ茶色で主張しすぎず、肌触りがよい

サウナ室のマットって黄色がおなじみだと思うのだが

ここのマットは木の雰囲気、そして照明がつくりだしている空間にマッチしたこげ茶色のマットだった。
あまりにマッチしているので最初はマットがあるのが気づかないほどだ。
これが肌触りがよく最高だった。

普段マットなんて意識の中にないのだが、いいものは気づいてしまう。

水風呂が札内川

札内川といわれてもピンと来ないかもしれないが、
とにかくきれいな水で有名なのだ。

北海道の十勝出身の私も札内川からひいた水道水を飲んでいた。
これがすごくうまいのだ。
(子供だった当時はこれが当たり前だと思っていたが、、)

これも水風呂の壁にパネルで紹介されているのだが

水風呂の水そのものにストーリーがあるサウナってあまりないと思う。

このこだわり、すばらしい。

引用北海道ホテル水風呂のこだわり

「森のスパリゾート 北海道ホテル」公式サイトより引用

水飲み場の水が札内川

上で説明したがとにかく良い水なのだ。
割と水飲み場の水は敬遠し、ペットボトルの水を持ち込むことが多いのだが

ここではしっかり味わっている

まとめ

ほんとうに気持ちいいサウナある。

もうすこし書きたいことあるので、また別でアップする。

お楽しみに

追記
続き書いた。

-サウナ

Copyright© けんぶろぐ , 2022 All Rights Reserved